良い旅を

旅と珈琲、読書を偏愛する者。

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

藤沢数希の「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」読了。

自分にとって特に目新しいことは書かれていなかったが、投資とマーケットについて

良い復習になった。

ちなみにタイトルに対する答えは、

プロ同士がしのぎを削って未来の市場を予測すると、結局株価はランダムウォークしてしまうため、サル(素人)にも負けることがある。

と勝手に僕は解釈した。

資本を増やすためには、マーケットで勝つことよりも、

プロもサルに負けてしまうこともあるのだから、とりあえず土俵に立ち続けることが大切なんだよというマインドセットを自分に植え付けることが必要だと改めて思った。

あと、リスク=不確実性であることを再確認させてもらった。

 

アマゾンのレビューを読んでみると、ほかの投資本の内容の焼き直しという批評が散見される。実際、読んだことのある内容ばかりではある。しかし、彼から学ぶべき一番の部分は、文章の読みやすさや笑いとれるシニカルな文章だと思う。

 

 

 執筆時間:8分