読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良い旅を

旅と珈琲、読書を偏愛する者。

徒然なるままに思考

東芝はなぜ間違った行動に出たのか、行動学を視点に考える

アダムクラント著の「与える人こそ成功する時代」に、組織行動学の面白い研究例があったので備忘録がてら紹介したい。 GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本) 作者: アダムグラント,楠木建 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2014/01/10 メデ…

怒りを向けられたら、黙って微笑み返しましょう笑

上司に怒られた時など、反省の姿勢を見せなければならない場合をのぞいて、 怒りを向けられたら、黙って微笑みかえしましょう笑 人は感情的になって怒りを向けられると、無条件反射で怒り返すことがある。 私の友達には、他人に向けられた怒りより大きな怒り…

朝の効能 「21世紀の歴史は朝作られる」のはあながち嘘じゃない

朝活と称して、朝はやくから活動することが人気だ。実際にスターバックスのCEOも毎朝4:30に起きているし、現代のトップビジネスマンは朝に強い。 lrandcom.com 朝は誰にも邪魔されない 出勤時間前、家事を始める前、まわりがまだ寝静まっている時間帯は…

その知識本当に必要ですか??

ここ数年ひたすら読書に勤しんでいる。年間200冊は読むようになった。 読書感想文を書くために年に1回本を読むかどうかだった10代が嘘のようだ。 知識量に応じて視野も広がる。分野の違うアイデアを掛けあわせると、新しい発想が生まれる。1つの知識が…