読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良い旅を

旅と珈琲、読書を偏愛する者。

東芝はなぜ間違った行動に出たのか、行動学を視点に考える

アダムクラント著の「与える人こそ成功する時代」に、組織行動学の面白い研究例があったので備忘録がてら紹介したい。

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

 カリフォルニア大バークリー校のバリーストー氏の研究テーマは「人はなぜ間違った決断をするのか」である。
その答えは、

失敗した行動方針に対する「立場固定」の法則というものだ。
要は最初の決断を正当化しようとする心理が人間には働いてしまうのだ。
過去の決断を正当化するために、少し損失が出ても事業や投資を継続、増資してしまう行為はよく見かける。個人投資家もほれた銘柄にナンピンしてしまう。これは私自身のことであるけど(笑)
経済学者はこれを、「埋没費用の誤謬」という概念を使って説明する。
将来の投資の価値を評価する際に、過去に行った投資にこだわり過ぎてしまうという意味だ。
そして、この行動要因を大きく3つに分けられる。
1つめ
「後悔の予測」:この投資をここで打ち切れば、将来後悔するのではないだろうかという思いが生じること

2つめ

「計画の完了」:この投資を続ければ、投資初期の計画が完了できるという思惑が働くこと

最後に3つめ。そして、これが最も大きな理由である。
「エゴの防御」:この投資を成功させれば、私が正しかったことを自分自身にも他人にも認めさせることができるという感情が根底にあるのだ。
東芝さんが原発事業で大きな損失を出してしまった理由は、まさに「埋没費用の誤謬」そのものなんじゃなかろうか。
しかし、自分の身を守ろうと、引くに引けない状況だったことは容易に想像がつく。
原発事業を断念すれば、会社の財政状態はよくなるかもしれないが、その意思決定をした経営陣はかなりの個人的損失をこうむることになるわけだ。
10万人を抱える会社全体が傾くより、自分一人の保身が大事だったとも言える。

ちなみに、今読んでいる「Give & Take 与える人こそ成功する時代」では、人をギバーとテイカー、そしてその中間のマッチャーに分類し、これからの時代は進んで失敗を認め利他的に行動するギバーが成功すると書かれている。
テイカーであれば、自分のプライドとメンツを保つためにイニシャルコスト回収に必死になる。
ギバーであれば、全体を見て最適な選択を見つけ柔軟に意思決定をする。
この本を読んで、東芝の経営陣がギバーであれば、これほどの大惨事に至らなかったのではないかと思う。反面、そもそもギバーが大企業のトップになる仕組みなど、減点方式で評価が下される日本社会には存在しないのかなと思った次第である。

 

余談:
米国で書かれた社会科学の本を読むことは非常に面白い。
研究内容そのものというより、仮説を実証するための実験が非常に大規模だからだ。
今日紹介した埋没費用の誤謬の概念を実証するために、MBAのドラフト順別のその後のキャリア動向を調査している。
その調査結果によると、ドラフト下位選手のほうがその後の投資額も選手寿命も短かったそうだ。もちろんこれは、ドラフト上位選手のほうが能力が相対的に高いことも一因ではある。しかしそれ以上に、球団には、最初に最も投資をした選手(ドラフト1巡目)に活躍してほしい(球団の選択は正しかったと立証してほしい)という思いが働き、2巡目以降の選手達よりも、多くの投資を続け、結果として損失を被った事例が紹介されている。
銘柄に惚れてナンピンする個人投資家も、ドラフト1巡目選手に期待を寄せる球団も、原発事業を引くに引けなくなった東芝経営陣も皆一緒なわけです。
行動学を少し知ると、少しだけ今回の東芝にも同情の余地があるのかもしれない。

いやないな。

「男性は解決策を、女性は共感を求める」の違いから言えること

男性は論理的で、女性は感情的に話すとかよく言う。
これは自分の経験則ベースではある程度正しいと感じている。

www.kanotuku.info

女性が人とコミュニケーションをとるとき、相手に求めるものは共感だそうだ。
男女がコミュニケーションをとっていると面白いほどかみ合わない。
目の前に答えがあり、その答えを提案してみると、「そういことじゃないの!!」って言われることが往々にしてある。男の自分としては困ったものだ。
そして、話題や悩みを話してくれた女性も困った顔をしている。
男性としては、「へ?これで解決じゃないの?」と思わずにはいられない。

女性の求めに応じるとびっくりするほど円滑に会話が成り立つようになった

どこかで、女性が求めているものは共感であり、解決策などをわざわざ提示する必要はないというコラムを読み、その通りに実践してみた。
日々の生活の悩みを打ち明けられたときに、
「うんうん、そうだよね。大変だよね。」といった具合に。
なぜか知らないけど、ついさっきまで感情的に話していた妻の機嫌が抜群によくなっていた。
共感ってすげーーとならずにはいられない。

ここで得た結論
男性と女性の脳の作りは根本から違うのだから、お互いを100%理解しようとすること自体に無理がある。たとえそれが最愛の女性だとしても。
理解できないからこそ神秘的で、これからもあなたを知るためにそばにいたい、くらいのマインド転換をしないと男女が共生するのは難しいと思う(笑)

 

男女の脳の作りが生み出すもの

解決策を見つけてそれを実行することは、課題解決であり、成長とも言い換えられる。男性は成長を常に求めているのだなと今回のエントリーで思った。
では女性は課題解決を求めていないのかというと、そうではないとも思う。
コミュニケーションを通して、解決策を求めているかの違いに過ぎない。
「答えは常に自分の中にある」が真であれば、女性も一人で問題を解決していくんだと思う。むしろコミュを通して周りからも解決策を求める男性は、よほどの問題解決好きとも捉えることができる一方で、まわりの意見に頼るという点で自分に自信がないのかなともいえるんじゃないだろうか。

ほかにもたくさんの違いがあるのに、男女平等を謳ってなんでも同じようにするには無理があるんじゃないのかなという仮説が出たところで今日のエントリおしまい。

 

執筆時間14分

 

DaiGoさんの「意志力」についての本が、予想の斜め上を行く面白さだった件

最近よく聞かれるワード、意志力。英語ではwillpowerと呼びます。
意志力は目に見えないもので指標もありませんが、なんとなく経験則でわかるものだったりもします。
決断を実行に移す力がその日の気分で大きく変わるのも、意志力に依存しているそうです。
意志力が集中力に繋がることを論理的に説明し、その力を維持向上するためにはどうしたら良いのかをDaiGoさんは下記の本で語っています。

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 書店に足を運ぶと大量のDaiGo本が平積みされていますが、私はこれまでスルーしていました。なんというか、どこにでもある自己啓発本の1つだと思っていたので。

しかし、実際に目を通してみると、内容は目から鱗の連続、腹落ちする文章だったのでシェアさせていただきます。

以下メモ書きのように備忘録を書きなぐっていきます(笑)

意志力とその源泉

人間と動物の違い、人間を人間たらしめているのは前頭葉の大きさである。
そして、Willpowerの出どころは前頭葉ただ1つである。
つまり、まったく関係のない決断や行動でもwillpowerは同じ引き出しから消費されるということです。
これを私たちの日常で置き換えると、仕事がうまくまわらなかったときに、家族とのプライベートの時間をないがしろにしてみまったり、恋人にいつも以上にきつく当たってしまう、などが言えます。
意志力は行動の種類にかかわらず同じ場所から消費されるという仮定が成り立つのであれば、上に書いた出来事はとても自然なことだと筆者は言います。
悪いことが立て続けて起こることは、まさに意志力の低下が招いていたことだったんですね。

意志力の維持向上

では、その意志力を維持向上させるためにはどうしたらいいのか?
前頭葉のエネルギー源はブドウ糖と酸素で構成されるとのこと。
この両者を送り込めば、意志力は向上されます。いくつか、例が挙げられていたのですが、とくに注目したいのが、「姿勢」。
姿勢によって血流が変わり、姿勢が良いほど酸素が脳に送り込まれるということです。
仕事ができる人は姿勢が良いし、だらしない生活を送っている人は猫背が多い。これも意志力の違いなのかもしれません。
姿勢の次に呼吸の仕方も大事だそう。
鼻呼吸と口呼吸の場合で、脳内酸素の消費量が大きく変わることが研究で分かっているとのこと。
この結果を受け、速攻で私はねむるんを買いました。

 意志力を低下させるものは何か?

意志力を向上させると同時に、意志力をいかに使わずに生活をするかも重要です。来るべき決断の時に向けて、エネルギーを蓄えておくに越したことはありません。

筆者は言います。

  前頭葉 には、「 なに かを やる」「 なに かをやら ない」「 なに かを 望む」 という 選択 や 決断 を 担う 領域 が それぞれ あり ます。   そして、 その 1つ ひとつ の 領域 を 使っ た 選択 や 決断 の 際 に、 たとえ それ が どんな 小さな こと で あっ ても 脳 は 集中 力 を 使い、 ウィルパワー も 減っ て いく の です。   こうして 疲労 が 蓄積 さ れ て いく 様子 は、 筋肉 を 使っ た 単純 作業 に 似 て い ます。 私 たち は 重い もの を 何回 も、 何回 も 持ち上げ て いる と、 体 が 疲れ て き て 動か なく なり ます。   それ と 同じ よう に、 なに かに 没頭 し たり、 誘惑 に 抗っ たり、 将来 の 目標 や 明日 の 予定 を 考え たり する 度 に ウィルパワー は 消費 さ れ、 集中 力 が 発揮 でき ない 状態 に なっ て しまう の です。   これ を 回避 する のが「 習慣 化」 による ウィルパワー の 節約 です。

メンタリストDaiGo. 自分を操る超集中力 (Kindle の位置No.330-338). . Kindle 版.

 

ウィルパワー が 一定 以下 に なる と、 どう なる かと いう と、 この ジャム の 実験 で 明らか に なっ た よう に「 先 延ばし」 を し て しまう の です。   ところが、 何 か 決定 し なく ては いけ ない 細かい こと を、 頭 の 中 で「 やり かけ の まま」「 先 延ばし」 に し て おく と、 無意識 に 気 に し た 状態 が 続き ます。   これ を「 決定 疲れ」 と いい、 決定 を 放置 し、 後回し に し た 場合 に ウィルパワー が 消費 さ れる 現象 を 指し ます。 つまり 人 は、 行動 では なく「 意思 決定」 で 疲れる の です。

これ を「 決定 疲れ」 と いい、 決定 を 放置 し、 後回し に し た 場合 に ウィルパワー が 消費 さ れる 現象 を 指し ます。 つまり 人 は、 行動 では なく「 意思 決定」 で 疲れる の です。

メンタリストDaiGo. 自分を操る超集中力 (Kindle の位置No.359-361). . Kindle 版.

 「決定疲れ」とはまさに、私の経験を言語化した目から鱗の言葉でした。
とくに、「頭 の 中 で「 やり かけ の まま」「 先 延ばし」 に し て おく と、 無意識 に 気 に し た 状態 が 続き ます。
メールの返信や、期限はまだ先だけどやらなければならないことをそのままに放置しておくと、なにか他のモチベーションまで下がっているようなことがあります。
大部分を引用しましたが、私が学んだことは、意志力を省エネすることは可能であり、その方法は行動の伴った決断をスピーディーにおこなうということです。
行動という形で決断を可視化することで、意志力を最小限でタスクを消化できるともいえ変えることができるのではないでしょうか。

最後に

あと、意志力とは関係ないですが、目に留まった文章を最後に1つ。

人は目に見えないものについて、ついつい「無限にある」と思い込んでしまう。 

 この最たる例が時間だと思います。
時間を有効活用することで、成果が最大化されることは言うまでもありません。
では、時間をうまく味方につけるにはどうすればいいのか、意志力をうまく操り集中力を高めることではないのか?と思わせてくれた良書でした。

 

「人工知能は人間を超えるか」読了

 

 

話題の人工知能、AIに関する本。
これまでの人工知能(への挑戦)の歴史を踏まえ、今後の展望が後半で語られている。
人工知能の定義は曖昧で、何をもってAIと呼ぶのかは人によって様々であるそう。故に、AIへの期待感だけが高まり、人工知能という言葉が独り歩きしているのが現状だそうだ。

この方は優秀な科学者であると同時に、哲学者であると感じた。
それは、人工知能を開発すること自体(コンピュータを人間に近づけるという点で)が、「人間とは何か?」を考える機会だからと言っていたからだ。


題名である「人工知能は人間を超えるか」という問に対する私の答えは、

人工知能は将来人間を超える、ただしそれは2016年現在の人間を」だ。

テクノロジーが仕事を奪い、その後新たな仕事を生む過程は、人間に新しいアイデアを生ませたと言い換えることができる。つまり、これまで使っていなかった脳が動かされたということだ。

人工知能というこれまでの世界を揺るがすテクノロジーが確立されたとき、きっと人間の脳はこれまで以上に活性化され、新たなアイデアを生み出すに違いない。

人工知能が出したアイデアに我々人類がどのようなアイデアを掛け合わせるのか、将来が楽しみである。

 

執筆時間13分

親にしかできない「教育」について

今週の高城剛未来研究所のQ&Aコーナーで、教育論について考えさせられた部分があったので引用して紹介したい。

▽Q.6▼▽
高城さん、はじめまして。
毎週メルマガを楽しみにしております。
中学3年生(男)と小学2年生(女)の母親です。
子供の教育についての質問です。
長男は勉強が苦手です。
親子で一生懸命努力しているのですが、なかなか成績が上がりません。
長女は要領が良く、勉強ができるほうです。
高城さんにもしお子さんがいたなら、どのような教育をされますか?
また、日本の教育制度や世界のほかの国の教育制度について、どのようなお考えをお持ちでしょうか?
よろしくお願します。

【 A 】
人間には、間違いなく向き不向きがあるものでして、
なかには、勉強というか、日本式学習システムに合わない子供達がいるのも事実です。
特に同じことを何度も繰り返して暗記することが苦手だと、学校の成績は上がりませんよね。
そこで、親としては子供の向いているものを見つけるのを手伝ってあげることと、なにより、なんでもいいので、本人がやる気になるまで待つ忍耐力が求められると思います。
本気でサッカーがやりたくなったら、スペインやブラジルに留学するのもいいでしょうし、パテシエを目指してフランスに留学するのも、カヌー職人になるためニュージーランドに行くのも僕なら応援します。
学校教育だけが、人生じゃありません。
歯がゆいかもしれませんし、ご不安かもしれませんが、それを応援し見守るのは、親しかできない「教育」なんだと思います。
 

娘が生まれてきて、「教育」について最近よく考えるようになった。

教育とひとくちで言っても、政府や行政、教員、親と立場に応じてその役割は変わってくる。行政であれば国全体の生産力向上が目標だろう。親であれば、子の幸福の最大化になるのだろうか。
言葉で言うのは簡単だが、どのような行為をもってして、それに挑戦するか。
子どもがどのような方向に進むとしても、常に味方でいてあげること。
少なくともパパとママがいてくれるから、大丈夫だ。そんな気持ちが後ろ盾となり、何か(自分がやりたいこと)に挑戦してもらえるような子育てをしていきたいと思った。

 

執筆時間12分。

 

国境の南、太陽の西読了

村上春樹の「国境の南、太陽の西」読了

内容を簡単に言うと不倫物語という名のラブストーリー。

しかし、テーマは不倫ではないと思った。

自分の中にある欠落、喪失感に関する物語。

それを補うものがたまたま主人公の目に前に現れた女性だった。

誰しもが持つであろう、喪失感を補うものは僕にとっては今後何になりうるのか。

自己なのか、他者なのか。

何にすがろうとするのか。

そもそも、喪失感は何かを得たことに対する代償であって、喪失感を得ていることはすでに自分が何かを得たことの裏返しであるようにも思える。

 

人は失ったものや欠落にばかり目が行きがちなんだろう。

 

 執筆時間5分

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

 

 

余談が二つ

村上春樹恋物語、すごく大好きなんですが、想像だけでここまで綿密にストーリーを描けるものなのだろうか。彼学生時代に結婚しているけど、その後絶対に浮気したことあるでしょと問いたくなる。

 

あと、「国境の南、太陽の西」って一体どこだろうって考えると真っ先にメキシコが思い浮かんだ。著者が米国在住時に書かれた作品だし、たぶんメキシコのことを言っているんだろうけど、どういう意図があるんだろう。

 

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

藤沢数希の「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」読了。

自分にとって特に目新しいことは書かれていなかったが、投資とマーケットについて

良い復習になった。

ちなみにタイトルに対する答えは、

プロ同士がしのぎを削って未来の市場を予測すると、結局株価はランダムウォークしてしまうため、サル(素人)にも負けることがある。

と勝手に僕は解釈した。

資本を増やすためには、マーケットで勝つことよりも、

プロもサルに負けてしまうこともあるのだから、とりあえず土俵に立ち続けることが大切なんだよというマインドセットを自分に植え付けることが必要だと改めて思った。

あと、リスク=不確実性であることを再確認させてもらった。

 

アマゾンのレビューを読んでみると、ほかの投資本の内容の焼き直しという批評が散見される。実際、読んだことのある内容ばかりではある。しかし、彼から学ぶべき一番の部分は、文章の読みやすさや笑いとれるシニカルな文章だと思う。

 

 

 執筆時間:8分